グループウェアのweb対応

グループウェアはWindowsなどで動作する専用アプリケーションからwebブラウザで動作するウェブベースのシステムに変わってきています。



専用アプリケーションからの変更は利点が多く、企業にとっても開発者にとっても切り替えは必須とも言われています。グループウェアがウェブベースになってよかった点は稼働環境の自由度が上がったこと、他のシステムとの連携がし易いことなどがあります。

NAVERまとめ関連情報を紹介しています。

ウェブベースなグループウェアはHTMLとCSS、PHP、Javascriptなど他のシステムとの連携が取りやすいプログラム言語で書かれていることが多く、APIなどを公開する開発会社が多くなっています。


APIが公開されていることで自社システムへスムーズにデータを流せますし、逆に自社システムをグループウェアに搭載させる企業も増えています。


グループウェアがウェブベースになったことで実行環境も変わってきています。
それまでWindows一辺倒だった環境はwebベースになり、LinuxなどのUnixベースでも動作するようになり、クライアント側はウェブブラウザがあれば機材を選ばなくなりました。

汎用的に使えるシステムになったことで利用される範囲が格段に向上し、利用率も上がってきています。


利用率の向上はデータの入力数の増加につながるので企業にとっては大きなメリットでもあります。



蓄積されたデータは企業にとって今後の商活動に良い影響を与えると考えられています。